こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しの荷造りをしていたら、大量に要らないものがでてきたという経験、ありませんか?

また、引越しを機に、新しい家具や家電を購入するので、新居には持って行きたくない物などもありますよね。

私も引越しのたびに、不用品をどうやって処分するか、というのが結構な悩みのタネになっています。

このような不用品を処分する方法はいくつかありますが、その中の一つとして考えられるのが、引越し業者にお願いするという方法です。

今回は、アリさんマークの引越社には、不用品の処分をお願いすることはできるのか、そしてその際の料金や評判について調べてみました。

アリさんマークの引越社に不用品処分は依頼できる?

まず結論から言いますと、アリさんマークの引越社には不用品の処分を依頼することは可能です。

実際、私自身がアリさんマークの引越社を利用して引越しをした際も、不用品の処分をお願いした経験があります。

具体的に支払った料金については後述します。

依頼できる不用品ですが、これは引越し業者によって違いがあるもの。

家電リサイクル法に定められた家電4品目しか受け付けてない業者もあれば、どんな物でも引き受けてくれる業者もあります。

アリさんマークの引越社では、家電リサイクル券の適用となるエアコン・ブラウン管テレビ・冷蔵庫・洗濯機であれば不用品処分を行ってくれます。それ以外の場合には回収・処分はしてくれないことが多いようです。

そして、回収・処分をしてもらう際の料金ですが、【サイズ】により決定されますので、具体的なサイズを伝えた上でスタッフに聞いてみましょう。

アート引越センターでの不用品処分は有料?

ここからは、競合他社の『アート引越センター』での不用品処分についてお伝えしていきます。

アート引越センターでの不用品処分の費用ですが、これは有料のオプション対応です。

『粗大ごみ』は大型ゴミに分類され、そのオプションプランとして回収してもらうことができます。

家電リサイクル法に指定された家電4品目の場合には、それぞれ家電リサイクル料と処分料がかかるのが基本。

また、その他の処分品については、基本的に1つあたり1,000円程度の処分料がかかります。

私が過去に引越しに合わせて不用品処分をお願いした際には、30,000円弱の見積もりでした。

その内訳としては、冷蔵庫と洗濯機、コタツや椅子など大きめの家具を含む不用品で、家電リサイクル料含めた金額です。

いかがでしょうか?

不用品の処分に30,000円弱かかるとなると、かなり高いという印象を受けますよね。

しかし、このうち、7,000円程度は、家電リサイクル料金ですので、実質の処分費用としては20,000円程度。

ちなみに、私達がアリさんマークの引越社で不用品処分を頼んだ時は、15000円程度を支払いました。

自分たちで処分できるものは処分していたので、全部アリさん任せにしていたら、もっと高額になっていたと思います。

不用品回収以外にも、荷造り&荷解きにも料金が発生しちゃうことをご存知でしょうか?

以下の記事では、アリさんマークの料金システムについてお伝えしています。あわせてチェックしてみてください。

アリさんマークの引越社の料金は安い?単身などプランごとに紹介!

アリさんマークの引越社の不用品回収の評判は?

では、不用品回収の評判はどうかというと、良い評判もあれば、悪い評判も見られます。

  • 当日、元々依頼していない物も小さいものであればまとめて持っていってもらうことができた。
  • チェストの引き出しに出し忘れの小物があったとのことで、引越し後に連絡をもらえた。
  • あらかじめ不用品を指示しておいたにも関わらず、新居に搬入されてしまった。
  • 私自身が利用した際にも、多少不用品が増えた分はまとめて処分してもらえて、特に追加料金等も発生しなかったので助かりました。

    大型の物を当日いきなり追加するのは難しいかもしれませんが、多少であれば融通を利かせてもらえるかもしれません。

    以下の記事では、引っ越し料金の目安を人数別にまとめています。合わせてチェックしてみてください。

    引っ越しのサカイの料金・相場は?単身や人数別の目安を紹介!

    まとめ

    一般的に、自分で処分をするより引越し業者に不用品処分を依頼すると、料金が高いと言われています。

    実際、アリさんマークの引越社でも、それなりの金額がかかりました。

    ただし、引越し業者に不用品処分を依頼するのは、大きなメリットがあります。

    それは、自分で運び出す必要がないという点と、ギリギリまで使用できるという点。

    特に買い替えの家具や家電などの場合、引越しギリギリまで使用したいという場合が多いでしょう。

    そのため、大型の家具家電などは引越し業者に、その他の随時処分できるものは、自分で自治体のクリーンセンターに持って行くなどして、使い分けるのがおすすめ。

    メリット・デメリットと料金などを比較して、自分の負担にならない方法を選んで、上手に不用品処分を行いましょう。

    引っ越しには、安い時期があるって知っていますか?

    以下の記事では、あなたの引っ越しをお得に済ませる情報をまとめています。合わせてチェックしてみてください。

    引っ越しが安い時期は何月?月末月初や曜日、時間帯での違いは?