こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

一度でも引越しをした人であればよく分かると思いますが、引越しというのは不用品やゴミがたくさん出るもの。

日頃からきちんと整理している人であっても、引越しを機に家具を買い換えるなどで、不用品が発生することもありますよね。

私も毎回、結構な量の不用品が出るので、その度にどうやって処分しようかと頭を悩ませています。

不用品の処分の方法として、楽に済ませられそうなのが、引越しをお願いする業者に処分を依頼する、ということ。

しかし、引越し業者によって、不用品の回収サービスを行っているかどうかは異なります。

今回は、アート引越センターに不用品回収を依頼することができるのかについて、調べてみました。

アート引越センターに不用品回収サービスはあるの?

アート引越センターのWEBサイトなどを確認してみると、不用品回収サービスについては記載がありません。

利用した人の口コミを調べてみると、アート引越センターで不用品処分を頼んだ、というような内容も見られました。

しかし、営業所によって異なると記載されている情報もあり、インターネットで調べるだけでは、現在の対応状況が分からないというのが本当のところ。

そこで、現在のアート引越センターの不用品処分の対応はどうなのか、電話で問い合わせをしてみました。

その返答によると、アート引越センターへ処分を依頼できる不要品は、家電リサイクル法に定められた家電4品目のみ。

つまり、エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫の4つの家電であれば、引越しと共にアート引越センターに処分を依頼することができます。

処分費用はもちろん有料で、品目ごとに決められた料金と、リサイクル料が必要です。

家電4品目以外の家具や家電などの不用品は、アート引越センターでは受け付けてもらえないので、自分で処分しなければいけません。

ちなみに、ピアノに関してはアート引越センターの提携業者に有料で処分を依頼することが可能です。

必要な場合は、見積もりの時に相談してみてくださいね。

以下の記事では、引っ越し料金の目安を人数別にまとめています。合わせてチェックしてみてください。

引っ越しのサカイの料金・相場は?単身や人数別の目安を紹介!

不用品回収を依頼できない場合の処分方法は?

引越し業者に不用品回収を依頼できれば、特に自分で運ぶ必要もないのでかなり楽ですよね。

しかし、依頼できない場合は、何とかして自分で処分をしなければいけません。

不用品を自力で処分する場合、以下のような方法があります。

  • リサイクルショップに引き取ってもらう
  • 民間の処理業者に依頼する
  • 自治体の回収に出す
  • クリーンセンターに持参する
  • 不用品の中でも家具や家電など、まだ使えるものであればリサイクルショップに引き取ってもらう、という方法が取れます。

    業者によってはトラックで引き取りに来てくれる場合もあるので、自分で持って行くのが大変という場合には、お願いできる業者を探すと良いですね。

    リサイクルショップでは引き取れないような不用品は、何らかの形で廃棄する必要があります。

    廃棄する方法としては、民間の処理業者に依頼したり、自治体の回収に出すなど。

    民間の処理業者は物によって無料の場合もありますが、自治体の回収は大きな物は基本的に有料です。

    地域によって方法は異なりますが、事前に回収券などを購入して連絡し、指定した日にゴミ集積所に出しておくなど、少し手間がかかります。

    おすすめなのは、クリーンセンターに持参すること。

    自分で車に乗せて運ばなければいけませんが、10kg数百円などの安価で引き取ってもらうことができますし、多くの場合、生ゴミなど以外はまとめて引き取ってもらえます。

    以下の記事では、”見積もり”を安くするテクニックを3つに絞ってお伝えしています。合わせてチェックしてみてください。

    アート引越センターへ見積もり電話!対応の評判&安くする裏テク紹介

    まとめ

    今回紹介してきたように、一口に不用品と言っても、アート引越センターでは、処分できるものとできないものがあります。

    処分できない物は自分で処分する方法を考えなければいけませんし、物によっては、引越し業者以外に頼んだ方が安く処分できるかもしれません。

    不用品の処分は、方法を選ばないと意外とお金がかかってしまうので、いくつかの方法を検討して、より安く処分できる方法を探してみてくださいね。