こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しをする時にはまず、見積もりを取って、その見積もりを元に交渉をして料金が決まりますよね。

それぞれの業者では、様々な割引が用意されているので、それを利用することで見積もりの料金を下げることができます。

引越し業者が行う割引方法の中でも、比較的よく知られているのが紹介割引。

では、アート引越センターには、紹介割引はあるのでしょうか。

紹介割引ってどんなもの?

まず、紹介割引とはどんな割引方法なのかを見て行きましょう。

引越し業者は全国に数多くありますが、あなたは訪問見積もりをお願いする引越し業者を決めるとき、どんな方法で決めますか?

自分でインターネットの口コミ情報を調べたり、一括見積もりサイトを利用するなど、人によって方法は様々ですよね。

人によっては、最近引越しをした人に聞いてみて、良い印象であればその業者にお願いしたい、と思う人もいるでしょう。

このように、以前にその業者を利用した人に紹介してもらう形で、業者に依頼をすることによって発生するのが紹介割引です。

紹介割引の割引率としては、ほとんどの場合、基本料金の10~20%というのが一般的。

オプション料金などは紹介割引の対象には含まれず、あくまで基本料金のみが割引の対象となります。

アート引越センターには紹介割引はあるの?

では、アート引越センターでは、紹介割引という方法は取れるのでしょうか。

アート引越センターのWEBサイトなどを調べてみると、特に紹介割引についての記載はありません。

基本的に、アート引越センターでは、利用者からの紹介割引というのは適用されないようです。

ただし、私が過去に別の業者で引越しをした際などは、特にWEBサイトに記載がなくとも、紹介割引やリピーター割引などが適用されたことがありました。

引越し時期などによっては、割引の条件の一つとなる可能性もありますし、見積もりを取った後の最終の交渉材料として使える場合もあります。

他に割引の対象となるような条件がない場合には、確認してみても良いでしょう。

アート引越センターでは、その他にも様々な割引サービスが存在しています。

以下の記事では、料金相場を含めて情報をお伝えしていますので、合わせてチェックしてみてください。

アート引越センターの料金相場は?公式と実際の値段を徹底比較!

利用者以外からの紹介割引もあるの?

紹介割引というと、まず思いつくのは利用者からの紹介ですよね。

しかし、広い意味で言えば、利用者以外にも紹介割引に含まれる割引方法があります。

例えば、不動産会社からの紹介によるもの。

引越し業者は通常、不動産業者と提携しており、店舗などに紹介割引について記載されたチラシが置かれていたりします。

不動産業者を通じて見積もり依頼をすることで、10~30%程度割引になる場合もあるので、利用した不動産業者とアート引越センターが提携している場合には、利用してみると良いでしょう。

また、JAF会員の場合には、会員の優待施設として、アート引越センターがあります。

日常的に車に乗る人の場合、JAF会員になっている人も多いですよね。

JAF会員の割引を利用すれば、アート引越センターでの基本料金が20%オフになります。

また、その他クレジットカードでも、アート引越センターと提携しているカードがあり、それを利用すれば割引が適用されるものも。

アート引越センターと提携しているのは、以下のようなクレジットカードです。

クレジットカード 割引内容 その他特典
楽天カード 基本料金20%OFF 楽天ポイント2倍
三井住友カード 基本料金20%OFF アートエプロンサービス5%・ハウスクリーニングサービス10%割引
Oricoカード 基本料金20%OFF

その他にも、カードを利用することで、ポイントが2倍になるクレジットカードなどもあります。

そういったカードを利用することでポイントが多くたまるので、実質的に割引を受けたような形になりますよね。

ただし、クレジットカードの場合、見積もりの際にクレジットカード利用を伝えておかないと使用できないことが多いので、注意しましょう。

突然ですが、引越しには安い時期があるって知っていますか?

以下の記事では、引越しを安くするヒントを紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

引っ越しが安い時期は何月?月末月初や曜日、時間帯での違いは?

まとめ

アート引越センターでは、利用者からの紹介割引はありませんが、提携業者を利用することによる、紹介割引が存在しています。

しかし、割引に関してはほとんどの場合、基本料金からの割引のため、オプションを付けるとその分は割引の対象にはなりません。

トータルの引越し料金を安くするためには、やはり相見積もりを取って、トータルの金額で交渉することが重要です。

元々の割引だけに頼らず、必ず全体の金額を見て交渉しましょう。