こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しを業者に依頼する場合、その業者のトラックに荷物を積み込んで移動するのが通常。

この時使用するトラックのサイズによって、引越し料金に大きな違いが出ます。

では、アート引越センターでは、どんな種類のトラックを持っているのでしょうか。

アート引越センターのトラックの種類と、それぞれどのくらいの荷物を積むことができるのか、調べてみました。

アート引越センターのトラックの種類は?

アート引越センターでは、次のような種類のトラックを所持しています。

  • 1t車
  • 2t車(ショート)
  • 2t車(ロング)
  • 3t車
  • 4t車
  • ファミリーサルーン
  • 基本的に引越し業者でよく利用されるトラックは、アルミバンまたはパネルバンと呼ばれる種類。

    荷台の部分が、アルミ製の箱型になっており、雨などの日でも荷物を濡らすことなく、運ぶことができます。

    しかし、アート引越センターでは、1t車だけはアルミバンではなく荷台を幌で覆うタイプのトラックで、2t~4t車までは、全てアルミバンです。

    また、ファミリーサルーンは、アート引越センター独自の機能を持ったトラック。

    他のトラックとは利用方法なども異なるので、後ほど別で説明しますね。

    アート引越センターのトラックの種類毎の荷物量の目安は?

    では、これらの大きさのトラックには、それぞれどのくらいの荷物を積むことができるのでしょうか。

    以下の一覧にまとめてみました。

      

     

     

     

    トラックの種類 トラックの大きさ 荷台の広さ 引越し対象の目安
    1t車 全長4.69m×全幅1.69m 約2.5畳分 荷物の多い単身者
    2t車(ショート) 全長4.90m×全幅1.90m 約3畳分 単身者~2人家族
    2t車(ロング) 全長6.34m×全幅2.18m 約4.5畳分 2~3人家族
    3t車 全長7.20m×全幅2.20m 約6畳分 2~3人家族
    4t車 全長9.58m×全幅2.40m 約7.5畳分 3~5人家族

       
    基本的には、このように荷物量でトラックが決まります。

    引越の料金は、荷物量と移動距離で決定されます。

    以下の記事では、アート引越センターにおける料金相場についてお伝えしていますので、あわせてチェックしてみてください。

    アート引越センターの料金相場は?公式と実際の値段を徹底比較!

    私は、単身の時は、2tショート車が多かったですが、ファミリーになってからは、2tロングや3t車を営業担当者が選択するようになりました。

    ちなみに、トラックの大きさを決めるのは荷物量だけではありません。

    実は、引越しの際に停車しなければならない、引越し場所の周囲の道の広さなどによっても左右されます。

    例えば道幅が狭く、車が行き違うのが難しいような場合、荷物量が多くても、3t車などを使用することができません。

    私も過去に、3t車程度の荷物があったのですが、引越し先の周囲の道路が狭かったため、2tショート2台での引越しになった経験があります。

    このように道路状況や荷物量に応じて、見積もりの際に適切なトラックが選ばれるのです。

    アート引越センターのオリジナル車両 ファミリーサルーンとは?

    通常、引越し業者のトラックには、引越しをする本人を乗せることはできません。

    そのため、引越しをする人は、自動車や公共交通機関などを使って、自力で移動するのが一般的。

    しかし、一緒に乗せて運ぶことができるようにしたのがアート引越センターのオリジナル車両、ファミリーサルーンです。

    ファミリーサルーンには、次のような特徴があります。

  • 顧客用居室6人
  • 車いす可(専用パワーリフト搭載)
  • ペット運送可(ペット用ケージ設置の専用スペースあり)
  • 小型テレビ設置
  • 利用料は無料ですので、通常のトラックを利用する場合に比べて、別途料金などはかかりません。

    ただし、ファミリーサルーンは台数も少なく、アート引越センターであれば、どの支店でも利用できるわけではないという点に注意が必要。

    また、当日中に引越しを終えることのできる、近距離引越しのみでの対応であったり、積載量自体は2tロング車程度で、それほどたくさんは積み込めないという点もあります。

    家族に車いす利用者がいたり、ペットがいるなどして、別途調整が必要な場合などは、通常のトラックではなく、ファミリーサルーンを依頼するのが良さそうですね。

    まとめ

    アート引越センターでは、いろいろな規模の引越しに対応できるように、複数の種類のトラックが用意されています。

    また、アート引越センターにしかない独自車両などもあるので、メリットがありそうな人は、訪問見積もりの際に相談してみてくださいね。