こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しをするときは、挨拶がつきものですよね。

引越し先で挨拶をするのは一般的ですが、退去をするときにも引越し作業で迷惑をかけるので、ひと声かけておくのがマナーです。

では、この時、何かギフトを持参する必要はあるのでしょうか。

そこで、退去する時の挨拶のマナーと、おすすめのギフトについて調べてみました。

引越しで退去する際の挨拶のマナーとは?

引越しをする場合、引越し先での挨拶については事前にいろいろと考えている人が多いですよね。

私も、引越し先への挨拶のことは、一番に考えてしまう方なのですが、意外と忘れがちなのが引越しする前のご近所の方への挨拶です。

引越し先では、これからよろしくお願いします、という意味をこめて挨拶をしますが、引越し前での挨拶は、これまでお世話になった御礼と、引越し作業で迷惑をかけることをお断りする意味があります。

引越し作業というのはどれだけ静かにやろうとしても、どうしても搬入のことで迷惑をかけますし、エレベーターを占有するなどして、ご近所の方に不便をかけてしまうもの。

今後引越しをするのでお付き合いがなくなる人たちではありますが、立つ鳥跡を濁さずということわざもあるとおり、最後が肝心です。

そのため、ご近所の方やお世話になった方には、引越しの前日までにご挨拶をしておきましょう。

もし前日までに挨拶ができなかった場合、当日の朝でも良いので、一言声をかけておくと好印象です。

また、大家さんへは退去の連絡とは別に、鍵を返却するタイミングで挨拶をしましょう。

ちなみに、挨拶に適した時間がいつかはご存知ですか?

以下の記事では、そのタイミングをまとめています。合わせてチェックしてみてください。

引っ越しで挨拶の時間はいつが良い?絶対避けるべきタイミングとは?

退去の挨拶にギフトは必要?

退去の際の挨拶ですが、関係性によってギフトを持参するかどうかを分けても問題はありません。

例えば、ご近所で顔を合わせても挨拶する程度の間柄であれば、特にギフトは不要。

引越し作業で迷惑をかけることのお断りを中心に、ご挨拶に伺いましょう。

その場合、引越し直前にエレベーターなどで顔を合わせることがあれば、そこで済ませても失礼ではありません。

事前に引越しすることや作業で音が出ることなどを伝えることに意味があるので、あまり形にこだわる必要はないでしょう。

しかし、ご近所でいろいろお世話になったり、親しくしていた場合や、大家さんなどには、ギフトを持参しておくと良いでしょう。

特に大家さんにはギフト持参で挨拶をしておくのがおすすめ。

そのために、というわけではありませんが、しっかり挨拶をしておくことで、退去後にトラブルがあった場合、その問題がスムーズに解決できる場合もあるのです。

トラブルではありませんが、私自身も、引越しした後に、転送が間に合わず元の住居に届いてしまった郵便物を転送していただいた経験があります。

このように、大家さんには引越し後にもお世話になる可能性があるので、しっかりご挨拶をしておきましょう。

引越し前のギフトのおすすめは?

引越し先で贈るギフトとは違い、退去前に贈るギフトというのは相手の年齢や家族構成なども分かっています。

そのため、基本的には贈りたい相手に合わせて選ぶのがおすすめです。

とはいえ、残る物よりは、食べ物や消耗品など、いわゆる消え物の方が、受け取る方も気を遣うことがないので良いですね。

おすすめのギフトは日持ちのするお菓子や、実家の名産品などです。

もし相手の好みの物が分かっていればそれが一番ですが、わからなければタオルやお菓子の詰め合わせなどでOK。

私は大体、大家さんへのギフトには、焼き菓子の詰め合わせなどを用意していました。

値段的には500~1,000円程度まで。

よほど特別な間柄でない限りは、あまり高額にならないようにしましょう。

引越しの退去時の挨拶・体験談を公開

当サイトで独自に取材した実際の体験談を紹介致します。

■マーこんさん(主婦/46才)の体験談

引越し体験談

マーこんさんが実際に引越しをしていた時の画像

46歳主婦です。娘2人と主人の4人家族です。

本州の一軒家から北海道の集合住宅に引越ししてきました。

本州を去るときには、ご近所の子供たちが一緒に遊びお世話になった家族に、北海道のチョコレートなどを「遊びに来てね」という趣旨のお手紙と一緒に渡しました。

北海道は集合住宅だったので悩みましたが、部屋のとなりと上下の階のお部屋の方にイオンでタオルを買いごあいさつののしをつけて渡しました。

不動産屋に相談しましたが、このへんの集合住宅では引越しの挨拶はないとの話でしたが、それ以降同じように越して来る方もタオルを頂きました。

まとめ

引越しの退去時の挨拶というのは、どうしても忘れがちになってしまうもの。

しかし、近所の人や大家さんには、引越し後もどんな形でお世話になるかわかりません。

きちんとご挨拶をして、必要な人にはギフトを贈るようにしましょう。

おすすめの関連動画