こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しというのは、新しい生活を始めるために、新居に大切な家財道具を運んでもらう一大イベント。

新しく購入した家に引越すという人も多いでしょうし、それでなくても大事に使っている家具・家電や、大事な品物を移動しなければいけません。

このように新しい生活を始める際に、利用した引越し業者で不手際があったり、トラブルがあると、がっかりしますよね。

トラブルの内容によっては、がっかりするだけでは済まず、苦情に発展することも。

では、ハート引越センターでは、どのような苦情が多いのか、口コミ情報からまとめてみました。

また、ハート引越センターを利用する場合の注意点も紹介しています。

ハート引越センターにはどんな苦情やクレームが多いの?

まず、口コミ情報から苦情の内容をまとめていきましょう。

  • 荷物の運び方が雑で、運搬中に落とされてしまった。
  • 家具を壊された上に、最初から壊れていたと言われた。
  • 養生なしで作業を行い、新居のクロスに傷を付けられてしまった。
  • 営業担当者に連絡をしても、折り返すと言ったきり連絡がなかった。
  • トラブルのクレームを入れたが、満足のいく対応をしてもらえなかった。
  • このように口コミ情報で多く見られるのが、荷物の扱いに関する苦情。

    ハート引越センターは、料金が安いことで有名ですが、いくら安くても大切な荷物を雑に扱われては、いい気はしませんよね。

    破損というのは、しっかり作業をしていてもなんらかの要因で起こり得るので、数多く引越しを行っていれば、どの業者でもあります。

    私も経験がありますが、きっちり運んでいた上でのアクシデントであれば、程度にもよりますがそれほど気にはなりません。

    しかし、見るからに雑な運び方をしていたり、養生がしっかりされていないというのはやはり困りますよね。

    もちろん、丁寧に対応してもらって満足した、という口コミもあるので、必ずしも対応が雑というわけではありません。

    私がハート引越センターを利用した際も、特に問題なく引越し作業は終わり、トラブルなどはありませんでした。

    一応、ハート引越センターへの苦情の中では、破損に関するものが多いという点については、抑えておきましょう。

    また、トラブルが起こった際に大切なのは、企業側がどういう対応をしてくれるのか、という点。

    ハート引越センターの苦情への対応としては、あまり良い評判はありません。

    破損などに対する責任を認めなかったり、連絡がなかなか来ないということもあるようです。

    ハート引越センターを利用する際の注意点は?

    ハート引越センターは、引越し作業に関して良い評判もありますし、料金が安いので人気もあるのですが、やはり苦情などが多いと心配ですよね。

    ハート引越センターでは、ここまでで紹介したように、破損に関する苦情が多くなっています。

    そのため、トラブルに備えた自衛は大切です。

    引越し前にやっておくべき対策としてはまず、ハート引越センターが運べないとしている物を荷造りの荷物に入れないようにしておくこと。

    もし、こういった物を申告なく入れたことで破損があっても、損害賠償はできないという点が、ハート引越センターのWEBサイトには明記されています。

    運べない荷物の中で、破損トラブルになりそうな物の一例は以下のとおり。

  • ノートブックパソコン及びデータ記憶媒体
  • 動植物、美術品、骨董品
  • パソコン、ガラス細工等の壊れやすい物で、適切な梱包がなされていないもの
  • 破損があった場合でも、適切な梱包がされていたかどうかによって、どちらに責任があるか、という点に影響があります。

    ハート引越センターに限らず、壊れやすい物を運んでもらう場合には、緩衝剤などを入れ、しっかりと梱包した上で、ダンボールにも明記しておきましょう。

    また、家具や家電、自宅の様子などを事前に写真に収めておくのも有効。

    撮影日付がわかるように記録しておくことで、いつ破損したのかの証明としても利用できる可能性があります。

    少し面倒ではありますが、特に高価なものだけでも、事前に記録しておくと良いですね。

    また、当日に引越しの作業員が来た時に、すでについている大きな傷などは確認が入る場合があります。

    これを自分の方から伝えておく、というのも一つの手です。

    大きな傷はこの家具のこことここにしかありませんよね、と両者で合意を取っておくことで、のちの対応をしてもらいやすくなるかもしれません。

    実は私も他社で引越しをした際に、いつの間にか家具に傷がついていた経験があります。

    しかし、事前に撮影などしておらず、当日すぐに気づくことができなかったため、苦情として伝えることができませんでした。

    そのため、引越し後には、すぐ確認をすることも重要ですよ。

    ちなみに、ハート引越センターでは、引越運送賠償責任保険に加入しており、ある程度の補償はされることが明記されています。

    報告期限は作業終了日から3ヶ月以内とされていますが、日が経てば経つほど、「引越しが原因かどうか」の特定が難しくなってくるもの。

    なるべく引越し当日に、作業員がいる時に、破損や故障の確認を済ませておきましょう。

    以下の記事では、ハート引越センターの料金プランについて詳細にお伝えしています。合わせてチェックしてみてください。

    ハート引越センターの料金は?プランによってどのくらい違うの?

    まとめ

    ハート引越センターでは、破損に関する苦情が多いことがわかりました。

    しかし、これはハート引越センターに限らず、家財道具を運搬する引越し業者では、どこでも同じような傾向です。

    こういったことが発生する可能性があるということは、引越しの際には心にとめておきましょう。