引っ越しは英語でなんて言う?留学や移住で海外へ。 1枚目

アナタは引っ越しを英語で言えますか?

海外に引っ越しを考えているなら、最初の一歩はこれです。

語学の勉強で留学、ライフスタイルを一新あるいは仕事で海外へ移住。

今回のテーマは【引っ越し 英語】、海外への引っ越しを考えているアナタの気になる事をまとめてみました。

引っ越しは英語でこのように言います

引っ越しは英語でなんて言う?留学や移住で海外へ。 2枚目

【引っ越し 英語のフレーズ】

  • 引っ越し house‐moving / a move / (a) removal.
  • 引っ越し先 one’s new address
  • 引っ越し荷物 (the) furniture [property] to be moved 《out of one’s house, into a new house》
  • 引っ越し費用 (house‐)moving expenses.
  • 引用:https://ejje.weblio.jp/content/引っ越し

    【引っ越し 英語】で使うフレーズはこんな感じ。

    英語と言えば、アメリカと思われがちですがアジア圏の大手運送サイトでも英語を使っていることが多いです。

    私自身、海外の通販サイトを頻繁に利用するのですがこのフレーズを覚えておくと役立ちます。

    特に、「荷物の追跡」は海外の引っ越しで荷物を馴染みのない運送会社を利用するなら確認したい部分。

    自身の住所を英語で書けないと不便です。

    東京スカイツリーの住所を例にすると・・・

    【日本語】〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2

    【英語】1-1-2, Oshiage, Sumida Ku, Tokyo To, 131-0045, Japan

    ポイントは後ろから順番に書くこと。

    (番地) ⇒ (~通り名) ⇒ (都道府県名) ⇒ (郵便番号) ⇒ (国名)

    の順番になります!

    それぞれコンマで区切り、市=city に置き換えなくても私の経験上しなくても荷物は届きます。

    ポイントを抑えていれば、そんなに難しい事ではないです。

    引っ越し以外でも、前述したような海外通販でも応用できるので覚えて損はありませんよ。

    【引っ越し 英語】海外への引っ越し事情

    海外への引っ越しを考えるなら、英語圏での引っ越し事情を知っておきましょう。

    無意識な部分こそ、トラブルが潜んでいるかも。

    海外の引っ越しで必ずと言ってよいほどトラブルが起こりやすいのは「通関」。

    課税対象となったり、必要になる書類が異なります。

    リストにまとめたので確認しておきましょう!

  • 【中国】・梱包明細書・Zパスポート・在留証明書・別送品申告書・パスポート
  • 【アメリカ】・梱包明細書・エントリーマニフェスト・通関業者への委任状・別送品の自由輸入申告書
  • 【フランス】海外赴任なら赴任証明書(日本語不可)・留学なら在学証明書のコピー・Certificat De Non-Cession、梱包証明書
  • 特徴的な3パターンをリストアップしました。

    聞いたことのない書類がたくさんありますよね?

    【書類について】

    >Zパスポート・・・中国でのパスポートの種類、就労目的に発行されるパスポートのこと。
  • 梱包明細書・・・英語で「Packing List」、荷物の中身についての書類。詳細とトラブルで破損したときなど補償額もこれに記載します。
  • >エントリーミニフェスト・・・英語で「Entry manifest」。ひらたく言うと通関を申告する書類。
  • 別送品の自由輸入申告書・・・英語で「FORM3299]日用品や家具類を通関する時に必要な書類.
  • Certificat De Non-Cession・・・日本語で「非転売、非譲渡証明書」。売ること、人に譲渡しない証明書。
  • 留学で引っ越しの準備は?

    引っ越しは英語でなんて言う?留学や移住で海外へ。 5枚目

    学生の一人暮らしは大変ですよね。

    留学ともなれば、わからないこと沢山で不安になるかと思います。

    留学で引っ越しの場合は、学生寮やホームステイが一般的で家具は一式揃っています。

    引っ越しの荷物と言えば、着替えなどに加え「パソコン」を持って行くことが多いです。

    ノートパソコンを使って学習するスタイルは海外の方が浸透しています。

    最近では、付属している「リチウム電池」に対して世界的に厳しい規制がかけられています。

    ですから、電子機器のトラブルには注意しましょう。

    留学で利用される運送会社の多くは

    1度の空輸で、2個までの数の限定と本体に装着した状態であることが条件です。

    つまり、予備バッテリーや充電式のモバイルバッテリーはNG.

    ノートパソコン自体を2つ用意するか、現地調達が無難な方法です。

    ゲーム機なども「リチウム電池」搭載の機器は規制の対象となります。

    カバンに入れて手荷物として登場するには、個数制限はありませんが細かい条件があります。

  • バッテリーに使われているリチウムが2g以下
  • 出力が160Wh以下
  • この2つの条件が満たされているか事前に確認しておきましょう。

    留学で引っ越しの際は、「留学向けサービス」を展開している日本の運送会社がおすすめです。

    英語で書類を大量に準備するより、分かりやすいです。

  • ヤマト運輸「留学宅急便」
  • 日本通運「留学パック」
  • move JAPAN
  • この3つは、留学で人気の運送会社です。

    【引っ越し 英語】夢の海外移住で引っ越し

    海外への移住を考えているなら、留学や海外赴任と違った視点が必要です。

    生活の拠点を海外へ移すなら、これまで使えたもの、必要になるものを考えておきましょう。

    【引っ越し 英語】荷物の輸送は時間も手間もかかる

    引っ越しの荷物を飛行機や船で運ぶより、通関のことを考えると現地調達が良いでしょう。

    先に説明した、英語での住所の書き方をマスターしておけば予め家具や生活用品を購入して新居に送ることも可能です。

    国内から、海外通販を使用するなら「外貨」での支払いになります。

    日本より物価の安い国であれば、外貨を扱う銀行口座を作っておくと良いでしょう。

    おすすめは、ネット銀行での口座開設がスムーズでおすすめです。

  • 楽天銀行
  • じぶん銀行
  • ソニー銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 海外でも使用できるクレジットカードを使用するのも良いですが、「為替レート」の関係で支払日と使用日で料金に差額が出る可能性もあります。

    海外へ移住するなら、後の手間を考えて「外貨」を用意しておくと良いでしょう。

    日本より物価の安い、タイやフィリピンなどでは現地の通貨で現地で買った方が安く予算を見積もることができますよ。

    外貨の口座を作る時間がないあなたには「PayPal」といった決済代行サービスを使うのも良いでしょう。

    手数料がかかりますが、アカウント解説から決済まで簡単にスマホで完結することが出来ます。

    日本では当たり前だけど

    引っ越しは英語でなんて言う?留学や移住で海外へ。 7枚目

    文化が違えば、常識が非常識に変わります。

    例えば、電車やバスの公共交通機関。

    日本なら、時間通り数分の狂いもなく時間通りに駅に到着しますが、多くの国はそうではありません。

    海外旅行で、タクシーのぼったくりに合った話を聞いたことありませんか?

    移住を考えるのあれば、「自動車運転免許」について考えておきましょう。

    免許を持っていない場合でも、海外で取得するより国内で取得して「国外免許証」を申請することをおすすめします。

    日本で免許を持っていれば以下の書類を準備して国内にいるうちに警察署で交付することができます。

  • 運転免許証(日本の)
  • 海外に渡航することを証明する書類(パスポート、航空チケットでも可)
  • 認印
  • 証明写真
  • この4つが揃っていれば、手数料の2,350円で海外でも車を運転することが出来ます。

    もちろん、車自体は現地調達がラクです。

    また軽自動車の流通は少なく、長距離かつフリーウェイ(高速道路)の利用機会が多いのでコンパクトカー以上の大きさが一般的です。

    他にも移住先の国によって、手続き方法が違ったり、英語以外の公用語が必要になります。

    移住を考えるなら、事前の調査は妥協しないように!