一人暮らしの引っ越しをする際に必須となるのが、荷造りに使用する段ボールです。

しかし、初めての引っ越しだと「どんな段ボールを使うのか」「数はどれくらい必要なのか」等、わからないことだらけですよね。

そこで今回は、一人暮らしの引っ越しに必要な段ボールの数や、梱包のコツなどについて詳しくご紹介していきます。

一人暮らしの引っ越しに必要な段ボールの数は何箱?

一人暮らしの引っ越しに必要な段ボールの数は、引っ越しの状況や環境によって異なります。

ここでは「間取り別」「収納別」「人数別」にわけて、必要となるであろう段ボールのおおよその数をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

【間取り別】段ボールの目安個数

基本的には、部屋が広くなるごとに荷物の量も増えていきます。

必要な段ボールの数を間取りごとに見てみましょう。

ワンルーム 10〜15箱
1K〜1LDK 10〜15箱
2K~2LDK 20~30箱
3K~3LDK 50箱
4K以上 50箱

一人暮らしの場合はおそらく、ワンルームもしくは1Kか1LDKの部屋に住む人が多いでしょう。

つまり、段ボールは少なくとも10箱以上は必要だということがわかります。

荷物が極端に多かったり少なかったりする場合は例外もありますが、おおよその数として覚えておけば荷造りもスムーズにいきますよ。

【収納別】段ボールの目安個数

全体ではなく、収納ごとで見た場合に必要な段ボールの数も気になりますよね。

例えば、洋服の梱包に必要な数など……。

Mサイズ(通常サイズ)の段ボールの場合、収納ごとに必要となるであろう数は次の通りです。

衣装ケース1段 0.5箱~1箱
タンス(小) 1〜2箱
タンス(大) 3〜4箱
テレビ台  0.5〜1箱

こうして具体的に見てみると、イメージがしやすいですよね。

ただ、引越し業者によっては衣服などは収納したまま運んでくれる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

【人数別】段ボールの目安個数

番外編として、人数別で必要となる段ボールの個数もご紹介しておきます。

一人暮らし(単身)の場合では前述のとおり、10〜15個が一般的です。

2人 20〜30箱
3人 30〜50箱
4人 50〜80箱

1人増えるにしたがって10〜20箱程度増えると覚えておくと良いでしょう。

間取りや収納とあわせて、自分の引っ越し時に必要な段ボールの量を計算してみてください。

一人暮らしの引っ越しをした人が実際に使った段ボールの数の平均

実際に一人暮らしの引っ越しをした人が使った段ボールの数の平均を見てみると、割合で最多なのは「10箱」でした。

次いで「15箱」、「9箱以下」という結果になっていおり、ほとんどの人が15箱で十分足りているということですね。

極端に少ない個数で済んでいるのは、荷物の処分をしたか、実家などに荷物を置いてきているということも考えられます。

荷物量は少なければ少ないほど引っ越し料金を抑えられるので、なるべく段ボールを使わないよう工夫してみてください。

一人暮らしの引っ越しで段ボールを調達する方法

そもそも、引っ越しをする時に使う段ボールはどうやって手に入れるのかご存知でしょうか?

方法としては「引っ越し業者から貰う」「自分で調達する」の2つがあります。

引っ越しを業者に頼むとほとんどの場合、荷造り用のダンボールを無料で貰うことができます。

サイズや個数を聞かれるので、先にご紹介したポイントを参考に必要な数を申告しておきましょう。

自分で調達する場合は、ホームセンターで購入するか、スーパーなどに行くと不要なダンボールを貰うことができます

私が以前、業者に頼まず家族や知り合いに引っ越しを手伝ってもらった時は、ドラッグストアでトイレットペーパーなどが入っていた大きなダンボールを貰って荷造りに使用していました。

店舗によって置いてあるダンボールのサイズも異なるので、面倒でも複数のお店を回ってみると良いかもしれません。

荷造りで使う段ボールのサイズは?

引っ越しの荷造りで使用するダンボールにはサイズがいくつかあり、引っ越し業者から貰えるダンボールは、主に「Sサイズ」「Mサイズ」「Lサイズ」にわかれています。

使い分けの方法としては、次のように意識しておくと良いでしょう。

  • 小さいダンボール・・・重くて小さいもの(本や食器など)
  • 大きいダンボール・・・軽くて大きいもの(衣服など)

大きいダンボールに重いものばかりを詰めてしまうと、運び出すのが難しくなってしまいます。

いくら業者に頼むとは言っても、危険な場合もあるので、荷造りの際は重さに気をつけておきましょう。

荷造り中に段ボールが足りなくなった場合の対処方法

業者から段ボールを貰っていたなら、足りなくなった場合も業者に連絡をすれば追加で貰うことができます。

ただし、業者によっては追加は有料なこともあるので注意しましょう。

なお、10箱以上足りないとなると、段ボールが手に入ったとしても搬出までに荷造りが間に合わない可能性があります。

その場合は、面倒でもどうにか自分で段ボールを調達する必要があるでしょう。

ホームセンターやスーパーなどで、不要な段ボールがないかどうか店員さんに交渉してみてください。

段ボールで引っ越しの荷造り・梱包をするときのコツ

スムーズな搬出と荷ほどきのためには、丁寧な荷造りが必要不可欠です。

いくつかポイントをご紹介します。

荷造りをしながら断捨離する

荷造りをすると同時に、今あるものが引っ越し後の生活に本当に必要なものかどうかをよく考えてみましょう。

無駄なものはなるべく排除したほうが、新居での生活もよりスマートなものになります。

何が入っているかを段ボールに記入しておく

引っ越し後は、当然自分で荷ほどきをしますよね。

しかし、中身が何か、どこで使うものなのかがわからなければ、作業がなかなかスムーズにいきません。

そんな状況を避けるためにも、段ボールの側面や上部に、「入っているもの」「使う場所」などの情報を記入しておきましょう。

使う場所がわかれば必然的に大体の置き場所もわかるので、引っ越し業者の方の作業も進みやすくなります。

段ボールに詰め込みすぎない

段ボールの量をなるべく減らしたいという気持ちはわかりますが、蓋が盛り上がってしまうほど詰め込んではいけません。

箱がパンパンだと、搬出の際に衝撃が中の物に伝わりやすくなってしまいますので、中身は必ず1〜1.5cmくらいの余裕を残しておきましょう。

引っ越し後に段ボールを処分する方法

引っ越し業者から段ボールを貰っていた場合は、たいてい、引っ越し後に無料もしくは有料で業者が回収してくれます。

自分で段ボールを調達していた場合は、段ボール処理施設へ持ち込みや回収依頼をするか、紙の日にまとめて出すことになります。

まとめ

一人暮らしの引っ越しに必要な段ボールの数の平均は、10〜15箱程度です。

環境によって個人差はありますが、15箱もあればほとんどの場合事足りるでしょう。

引っ越し当日に慌てることのないよう、余裕を持って荷造りをすることをおすすめします。