こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しには挨拶がつきものですが、この挨拶、ただすれば良いという物ではありません。

挨拶の仕方によっては、逆に非常識な印象を与えてしまう可能性もあります。

まず重要なのが、訪問する時間。

せっかく挨拶に行っても、「何でこんな時間に!?」と思われてしまっては、第一印象が悪くなってしまい、挨拶の意味がありません。

そこで、引越しの挨拶に伺うのに適した時間はいつなのかを考えていきましょう。

引越しの挨拶に適した時間は何時頃?

引越しの挨拶に伺う場合、一般的に人が起きていて、来客に対応できる時間帯というのが判断基準となります。

まずご挨拶に伺うのに適した時間は、明るい時間が基本です。

もちろん各家庭によって生活パターンが違うので、絶対に大丈夫とはいえませんが、非常識でない時間を選ばなければいけません。

夏場は明け方から明るいですし、冬場は明るい時間が短いなどという条件の違いはありますが、なるべく明るい時間帯に伺うのが常識。

明るい時間帯のうち、一般的に人が訪ねてきても困らないだろうと思われる時間帯を考えていくと、10~16時頃というのが、最も適した時間です。

自分が急に訪ねてこられても困らない時間帯と考えると分かりやすいですね。

しかし、この時間帯に訪ねていっても、どうしてもタイミングが合わず、相手が不在というケースも多々あります。

私も休日に明るい時間に何度か伺っても、なかなかお会いできないケースがありました。

平日は働いていたので、明るい時間帯に伺うのは難しく、悩んだ経験があります。

ではそんな時にどう対応すればよいのかというと、絶対避けるべき時間に注意して対応するのが基本です。

では、絶対NGな時間を次に説明していきますね。

引越しの挨拶に絶対NGな時間は何時頃?

早朝や深夜など、一般的に人が寝ているような時間に訪ねるのがNGというのは言うまでもありません。

また、それ以外にも避けるべき時間というのがあります。

それは普通の人が忙しい時間帯や、ご飯どき、お風呂などに入ってしまうと思われる時間帯以降。

例えば、平日働いている人の場合でも朝7時や8時は在宅している可能性が高いですよね。

しかし、このようなバタバタしている時間にご挨拶に伺うのはやはり非常識。

もし私が朝に引越しの挨拶で訪問されたら、かなりイライラしてしまいそうです。

休日も出かける準備などをしている可能性があるので、朝9時より前は避けましょう。

また、平日でも休日でも12時~13時というのは、食事中の可能性が高い時間帯。

一般的な昼食時間になるので、この時間もNGです。

夕方の17時以降なども、夕食や夕食の準備をしている可能性がありますが、これは各家庭でバラバラなのでなんとも言えません。

どうしても平日は仕事があって17時~19時くらいにしか挨拶に行けないという場合には、この時間くらいであれば問題ないでしょう。

そして、もう一つがお風呂などに入ってから寝るまでの時間帯。

これも人によって生活パターンが異なりますが、一般的には20時以降などになると、お風呂に入ってしまう人も多いでしょう。

お風呂に入ってパジャマなどに着替えてしまうと、在宅していても応対するのが難しいですよね。

私自身、ご近所の引越しの挨拶かな、と思われる訪問でも、もう着替えてしまっていたときは、居留守を使ったことがあります。

そのため、20時以降も避けるべき時間。

なるべく一般的な生活パターンを考えて、対応していきましょう。

引っ越しの挨拶の時間に関する体験談

ここからは、当ブログが独自に取材した、引っ越しの挨拶の時間に関する体験談をお伝えしていきます。

■辰夫さん(フリーター/39才)の体験談

辰夫さんが実際に使用していたのど飴の画像

ルート引越センターでマンションに家族で引っ越ししました。

私の部屋は6階の角だったので挨拶は片方のお隣さんだけで済みました。

挨拶に行った時間帯はお昼の2時ぐらいでしたが、洗剤と箱ティシュを持参して挨拶に行きました。

マンションに住むのは初めてでしたので、隣の部屋に挨拶をするのは未経験でしたが、特に緊張もせずにスムーズに挨拶が終わって良かったです。

挨拶の時には変に早口になったり声が裏返ると相手にいい印象を与えないので、できるだけゆっくり落ち着いて挨拶する事が大切ですね。

喉の調子が悪い時などは念のために、のど飴などを使って喉をスッキリさせてから挨拶に行った方がいいですよ!

■りょうさん(会社員/26才)の体験談

りょうさんが実際に挨拶に行ったときに履いていた靴

私は26歳女性の会社員です。

一人暮らしをして6年ほどになり、昨年に2回目の引っ越しを行いました。

1回目の引っ越しは新築の家に引っ越したので自分から引っ越しの挨拶をすることもなかったので、初の引っ越し挨拶となりました。

小さいお子さんがいる方が多いアパートということで、傷みやすい生菓子ではなく焼き菓子を持参して訪問しました。

訪問した時間は19時頃だったのですが、ちょうど夕食も済んだころということで快く迎えていただきました。

■ぼんさん(自営業/52才)の体験談

ぼんさんのお気に入り画像

52歳自営業をしています。

何度か引っ越しをしご挨拶に出向いたり、またご挨拶に来ていただいた経験から思い返した所、最悪なのは平日の朝でした。

朝からピンポンが鳴るのもぎょっとしますし、酷い髪をしていたりバタバタと忙しくしている所に来られた時は心底うんざりしました。

その他やっぱり夜の遅い時間も迷惑です。

男性なら問題ないのでしょうが、女性はお風呂あがりの寝間着姿を他人にさらしたくありません。

そんな時間に訪ねてくる神経を疑われますので控えましょう。

最適なのは土日の午後ではないでしょうか?(在宅ならいちばんまったりとした時間です)そして不在だった場合は夕方から7時位までがいいと思います。

常識ある方はだいたいそのような時間に来られていたと思います。

まとめ

今回は引越しの挨拶に適した時間について紹介してきましたが、まとめてみていきましょう。

  • 基本は明るい時間帯。10~16時頃が最適
  • 避けるべき時間は、朝9時より前、夜20時以降、12時~13時
  • 平日など明るい時間帯に行けない場合は17~19時でも可
  • 、挨拶に伺ったときには時間に応じて「お忙しいところすみません」「夜分すみません」など、一言付け加えると好印象。

    引越しの挨拶に伺うときも、相手の都合を思いやる気持ちを忘れないようにしたいですね。

    おすすめの関連動画