引越し業者の料金相場は、時期によって大きく左右されるため、安く済ませるならば、時期を検討することは大切ですね。

具体的にいつ頃なのでしょうか。

今日の記事では、引っ越しが安い時期について、月や日、曜日などによる違いを踏まえながら、詳しくご紹介します。

その前に、引越しする事が既に決まっていて最大限安く済ませたいなら、早めに一括見積をGETしておくと良いです。

なぜなら、

一括見積サービスを利用することで、引越し料金が最大55%安くなるのに加え、

訪問見積の際、一括見積の結果が価格交渉の武器となり、さらに安くできる可能性があるからです。

一方、引越し業者のトラックの数が決まっており、大安吉日や週末など人気の日柄は一瞬で埋まる場合も。

また、悪い日柄の場合、親戚兄弟から反対され、結局、高い料金の日柄で契約せざるを得なかった、というケースも結構あり、早め早めに動くことが必要です。

一括見積サイトの中には、たった30秒程度で入力が完了できたり、登録後の業者からの電話の嵐を回避できるといった、優れたサイトもあります。

いつ頃、どこからどこへ、どのくらいの荷物を移動するのか、ザックリ決まっているなら、早め早めに行動することで、より安く引越しできます。

一括見積おすすめ1位 引越し達人

引越し達人公式サイトイメージ
画像引用;引越し達人公式サイト

 30秒で引越し料金がすぐに分かる。

 引越し見積もり料金が55%安くなるかも。

【見積事例】
・大阪から大阪、家族引越しで、311,000円が62,000円に。
249,000円OFF!

・東京から千葉、単身引越しで、192,000円が38,000円に。
154,000円OFF!

30秒で一括見積をGET

一括見積おすすめ2位 スーモ引越し

suumo(スーモ)公式サイトイメージ
画像引用;suumo公式サイト

 営業電話がかかってこない!電話番号入力しなくてOK。

 営業電話がイヤな方にもってこいの一括見積もりサイトです。

営業電話がない一括見積をGET

引っ越しが安い時期は何月?

もともと引越しには、通常期と繁忙期と呼ばれる分類があります。


繁忙期というのは、引越しをする人が多く、料金が高くなってしまう時期。

この時期には、価格交渉などがかなり難しくなります。

引越し業者にとっての繁忙期とは、3月~4月と、7月~8月の時期。

転勤や入学などで、引越し時期を変更できない場合は仕方ないですが、ある程度引越し時期を自分で決められるのであれば、この時期はなるべく外したいですよね。

私もよほどの事情がない限りは、少しでもこの繁忙期から遠い時期を選択するように心がけています。

では、逆に引越しを安くすることができる閑散期というのはいつ頃になるのでしょうか。

一般的に引越しが少ない時期というのは、6月と11月~12月の初旬まで。

6月は祝日もない上に、梅雨時期ということもあって、引越しを避ける人が多いのかもしれません。


12月は終わり頃になると、年末年始のお休み中に引越しをしたいと考える人が増えるため、ある程度混み合いますが、初旬までであれば予約状況にも少し余裕があるようで、比較的価格交渉はしやすいですね。

私自身はちょうどクリスマス時期に引越しをしたことがありますが、その時は高くなり始める時期との狭間だったようで、比較的安い料金で引越しをすることができました。

引っ越し費用が一番安い日や曜日はいつ?

引越し代が安い月はわかりましたが、その月の中でも日や曜日による違いがあります。

例えば、月末に近い30日と月初に近い5日では、どちらが安いかわかりますか?


正解は5日です。

これは、賃貸物件などの場合、退去時の家賃が日割りされないケースが多いため。


また、子供の転校や転園なども、キリの良い月初から、と考える人が多いので、月末はどうしても引越しが混み合ってしまうのです。

そして、曜日による違いも大きいですね。

やはり、誰しも仕事や学校がお休みの日に引越しを済ませたいと考えますよね。


土日や祝日、連休などは引越しが混み合うもの。

逆に、平日であればある程度安い料金で引越しができます。

その平日の中でも、月曜日や金曜日は、土日とくっつけて引越しを済ませようと考える人が多いので、比較的高め。


火~木曜日が、平日の中でも特に安い曜日です。

移動距離が長かったり、引越しの荷物が多いなどの理由でスケジュール調整がしづらい家族連れの場合、平日ど真ん中というのは少し難しいかもしれません。

しかし、自分一人だけの都合で決められる一人暮らしの場合、荷物があまり多くなく、近距離引越しであれば、平日でも対応しやすいですよね。

私も、一人暮らしで比較的荷物が少なかった時期は、なるべく平日を選んで引越しをするようにしていました。

また、ある程度期間を決めておいて、「この中で一番安く引越しできるのはいつですか?」と見積もりの際に確認するのがおすすめ。


その業者での契約の空き状況などによって、値引きできる時期が微妙に異なる場合もあるので、業者からの情報を引き出しつつ、上手く交渉を進める必要があります。

引越しが安い時期をまとめると以下の通りです。

  • 安い月は6月、11~12月の初旬
  • 安い日は月末よりも月初
  • 安い曜日は火~木
  • もちろん、安い時期であっても、希望の引越し業者が埋まっていたら、価格交渉がしづらくなります。

    そのため、安い時期を選んで引越しをする場合でも、見積もりを取る時期は早くしておくのがおすすめです。

    早期割引などが適用される業者もあるので、引越しをすることが決まっているなら、今すぐ、一括見積もりをGETすると良いですね。

    一括見積おすすめ1位 引越し達人

    引越し達人公式サイトイメージ
    画像引用;引越し達人公式サイト

     30秒で引越し料金がすぐに分かる。

     引越し見積もり料金が55%安くなるかも。

    【見積事例】
    ・大阪から大阪、家族引越しで、311,000円が62,000円に。
    249,000円OFF!

    ・東京から千葉、単身引越しで、192,000円が38,000円に。
    154,000円OFF!

    30秒で一括見積をGET

    一括見積おすすめ2位 スーモ引越し

    suumo(スーモ)公式サイトイメージ
    画像引用;suumo公式サイト

     営業電話がかかってこない!電話番号入力しなくてOK。

     営業電話がイヤな方にもってこいの一括見積もりサイトです。

    営業電話がない一括見積をGET