こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しに関する作業の中で、最も重要かつ面倒な作業といえば、荷造りですよね。

私も毎回、引越し前の荷造りがあると思うと、憂鬱になってしまいます。

基本的には、ダンボールに物を詰めていくだけ、なのですが、その詰め方にもいろいろとコツがあるのをご存知でしょうか。

今回は、私の過去の引越し経験から学んだ荷造りのコツを紹介していきましょう。

引越しの荷造りのコツ1 使わない物から詰めていく!

荷造りでは家にある全ての物(家具や家電などを除く)を詰めなければいけません。

でも引越しまでにまだ日数がある場合、その間にまだ使う可能性がある物をダンボールに入れてしまうわけにはいかないですよね。

しかし、荷造りは進めていかなければいけないので、1つ目のコツは「使わない物からどんどん詰める!」です。

例えば、押入れに入っている物って、結構入れっぱなしになっていたりしませんか?

不用品の選別なども含めて、先に押入れの物を詰めてしまうと、押入れに荷造りの済んだダンボールを置いておくこともできるので便利。

その他、季節物でその時期には使わない小物や洋服、お客様用の食器などは先に詰めておくことができるもの。

その後も、引越しまでは使わないと決めた物から詰めていくとスムーズです。

引越しの荷造りのコツ2 部屋ごとにダンボールを分ける!

引越しの時には、基本的にどこの部屋にどのダンボールを置くかを明記しておくと、それに従って、引越し業者の方がダンボールを部屋においてくれます。

そのため、引越し後にどの部屋に持っていってもらいたいかを考えて、その部屋ごとにダンボールを分けておきましょう。

新居の間取り図を用意して、LD、洋室1、洋室2、和室などと名称をつけておき、それをダンボールに書いておくと引越し後の作業がスムーズにできますよ。

引越しの荷造りのコツ3 ダンボールの大きさを使い分ける!

引越し業者が用意してくれるダンボールは、2種類または3種類の大きさになっています。

このダンボールの使い分けですが、重い物は小さいダンボールに、軽いものは大きいダンボールに入れるのが基本。

本やDVD、CDや食器類などは、それ自体がかなり重いので、一番小さいダンボールに入れます。

そして、大きいダンボールには衣類など、軽い物を入れましょう。

特に重い物を詰めているときは、時々持ち上げてみて、重くなりすぎていないか、確認すると良いですね。

引越しの荷造りのコツ4 使いかけの液体はビニールに入れる!

引越しの荷造りで困るのが、使いかけの調味料やシャンプーなどの液体のもの。

ダンボールに入れて持っていくとなると、液漏れなどが心配ですよね。

もし、少ししか残っていない物であれば、引越しを期に捨ててしまいましょう。

しかし、たくさん残っている物を捨てるのは、やはりもったいないので、荷造りが必要となります。

この場合、まず口の部分を綺麗に洗い、サランラップなどを巻いてからセロテープで止めて塞ぎます。

ポンプ式のシャンプーなどの場合には、ポンプが下りてこないようにプチプチなどで固定しましょう。

その後に、更にビニール袋に入れてからダンボールに入れます。

ダンボールに入れる前に、更にゴミ袋などの大きなビニール袋にまとめて入れた上で、詰めると良いですね。

もし自分自身も車で引越し先まで移動する場合には、ダンボールのふたを閉じずに、手持ちの荷物として持っていくのも一つの手です。

引越しの荷造りのコツ5 ダンボールに空間を作らない!

荷造りに慣れていない人がやりがちな失敗として、ダンボールに空間を作ってしまう、というのがあります。

実は私の主人も引越し慣れしていないので、スカスカの状態でダンボールを閉じていたことがあり、私が慌てて詰めなおしました。

空間があるとダンボールを重ねて積んだとき、つぶれやすくなってしまうので、絶対にNG。

ダンボールのフタをガムテープで閉じたときに、ちょうどいっぱいになるくらいの意識で荷造りをしてください。

とはいえ、本やDVDなどをいくら小さい箱でも目いっぱい詰めてしまっては、重くなりすぎてしまうのでいけません。

引越し業者の方からも「本などは半分くらいまでにしてください」と言われたことがありますが、空間は作らない方が良いので、空いた部分には緩衝材になるものを入れておきます。

個人的なおすすめは、空いた部分にはバスタオルなどを入れること。

緩衝材は便利ですが、引越し後にゴミが増えるので、バスタオルやタオルケットなどを詰めておくと楽です。

ほこりなどが気になる場合は、新しいビニール袋に入れた上で、詰めておくと良いでしょう。

引越しの荷造りのコツ6 ダンボールの置き場を確保する!

荷造りを進めていくと、ダンボールの置き場に困ったりします。

なるべく荷造りを始める前に、このあたりにダンボールを置く、という場所を決めておきましょう。

この時注意したいのが、引越し作業の通り道に置かないこと。

もし複数の部屋があるのであれば、一部屋をダンボール置き場として確保しておくと良いですね。

まとめ

いかがでしたか?

引越しの荷造りというのは、慣れていないと難しいですし、慣れている人でもやはり面倒なもの。

しかし、今回紹介したようなコツをおさえておくと、引越し準備がスムーズにいくだけでなく、引越し後の荷ほどきも楽に進めることができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの関連動画