こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しをする時は、大きな家具・家電から小さなものまで、全てを持っていかなければいけません。

そうは言っても、大型の家具や家電の場合、引越し業者の作業員の方が注意して運んでくれれば特に問題はありません。

しかし、引越しの荷物の中には、運搬に注意が必要な物もあります。

運搬に気を付けなければならない代表的なものが、ピアノです。

私も実家にはありましたが、自宅にピアノをおいている家庭も割と多いですよね。

ピアノというのは繊細な楽器なので、運搬には注意しなければいけません。

そのため、小さな引越し業者ですと、ピアノの引越しについては取り扱いがない場合もあります。

では、クロネコヤマトでピアノの引越しはできるのでしょうか。

また、その料金や利用の際の注意点などについて、まとめました。

クロネコヤマトでピアノの引越しはできる?

クロネコヤマトではいろいろな家財道具などの運搬ができますが、ピアノのような特殊な物も運ぶことが可能です。

しかし、ピアノを運ぶ場合、通常の家財道具とは異なり、ただ運搬するだけではなく、注意点が多いので、運搬にも専門的な知識が必要。

私の実家でも、引越しの際は近距離でしたが専門業者に移動を頼んでいました。

そのため、クロネコヤマトは専門業者との提携によって、ピアノの引越しに対応しているのです。

クロネコヤマトでは、以下のようなピアノの運搬を依頼することができます。

  • アップライトピアノ
  • グランドピアノ
  • 電子ピアノ
  • 電子オルガン
  • 基本的に、どんなピアノでも取扱いがあるので、引越しの際は利用しやすいですね。

    クロネコヤマトでピアノの引越しをする場合の料金は?

    ピアノの引越しの場合、種類やサイズ、引越し元と引越し先の距離や状況によって、料金が決まります。

    そのため、クロネコヤマトのWEBサイトでは、引越し料金などが公開されていません。

    基本的には見積もりによって算出されます。

    利用者の口コミなども少ないのですが、一般的なピアノの引越し料金とあまり変わらないという意見が見られました。

    そこで、ピアノの引越しにかかる平均的な料金を、参考に見ておきましょう。

       

        

       

        

    移動距離 グランドピアノ アップライトピアノ エレクトーン
    10km未満 31,000円 18,000円 13,000円
    10~29km 33,000円 20,000円 14,000円
    30~49km 39,000円 22,000円 17,000円
    50~79km 50,000円 28,000円 22,000円
    80~99km 60,000円 35,000円 27,000円
    100km以上 67,000円 38,000円 31,000円

    ちなみにこれは、基本的に段差などがない場合の料金。

    ピアノの引越しの場合、階段1段ごとに追加料金がかかるなど、様々な条件が料金に影響します。

    そのため、引越し元と引越先の状況を正しく伝えることが重要です。

    場合によっては、下見が必要となり、下見のための追加料金が加算されることもあるので、引越しの見積もりの際にはしっかり確認しておきましょう。

    また、クロネコヤマトでは、ピアノをお引越し先に持っていけない場合も対応可能で、買取や処分などを依頼することができます。

    買取価格はメーカーや種類、状態によって異なりますが、アップライトピアノであれば50,000~100,000円程度になることも。

    ただし、電子ピアノは買取の対象外です。

    買取ができない場合、処分費用を払って処分することになりますが、処分料金は電子ピアノで30,000円程度、アップライトピアノで40,000円程度、グランドピアノでは60,000円程度となります。

    こちらも大きさや状態などで異なるので、見積もりで確認してみてください。

    処分の場合はお金を払うことになりますが、引越しの申し込みと合わせて処分を依頼できるのは有り難いですね。

    以下の記事では、自分一人では動かせないピアノなどの家具移動についてお伝えしています。合わせてチェックしてみてください。

    家具移動の料金は?クロネコ・サカイ・アートでサービス比較!

    まとめ

    クロネコヤマトでは、いろいろなものの輸送を行うことができ、ピアノも対応可能です。

    また、それ以外にも三味線や琴、コントラバスなどの楽器の運搬も行う事ができます。

    こういった楽器というのは、私たちが思う以上に繊細なもの。

    運搬によって音が変わってしまうこともあるので、必ずクロネコヤマトのように専門業者との提携を行っている業者に依頼するのがおすすめ。

    引越しで大切な楽器の音を損なってしまわないように、注意してくださいね。