こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

宅配便や引越し業を営む業者として有名な、大手のクロネコヤマト。

クロネコヤマトでは多くの引越しを取り扱っていますが、特に人気があるのが単身パック。

宅急便との兼業である利点を活かして、低料金でスピーディに単身引越しができるのが魅力です。

私の友人も、一人暮らしを始めて間もないころで荷物の量がそれほど多くない頃は、単身パックを活用していました。

そこで今回は、クロネコヤマトの単身パックについて、予約方法、プランの詳細や特徴、料金や口コミなどを紹介します!

一括見積おすすめ1位 引越し達人

引越し達人公式サイトイメージ
画像引用;引越し達人公式サイト

 30秒で引越し料金がすぐに分かる。

 引越し見積もり料金が55%安くなるかも。

【見積事例】
・大阪から大阪、家族引越しで、311,000円が62,000円に。
249,000円OFF!

・東京から千葉、単身引越しで、192,000円が38,000円に。
154,000円OFF!

30秒で一括見積をGET

一括見積おすすめ2位 スーモ引越し

suumo(スーモ)公式サイトイメージ
画像引用;suumo公式サイト

 営業電話がかかってこない!電話番号入力しなくてOK。

 営業電話がイヤな方にもってこいの一括見積もりサイトです。

営業電話がない一括見積をGET

クロネコヤマトの単身パックの予約方法は?

通常、引越しをする場合、金額を決めるために訪問見積もりを行いますよね。

そこで、見積もりを出してもらい、納得すれば予約をします。


しかし単身パックを利用する場合、訪問見積もりは不要、というのが一般的。

基本的に決められたボックスに入れば良いので、訪問見積もりがありません。

ではどのように予約するかというと、以下の2種類の方法があります。

クロネコヤマトの単身パック WEBサイトからの予約方法

クロネコヤマトでは、単身パックを利用する場合、WEBサイトから予約申し込みをすることができます。


クロネコヤマトの問い合わせフォームから、引越し元と引越し先の住所、そして家財道具の種類などを入力していく方法です。

申込みフォームは、単身向けと家族向け、そして家財宅急便に分かれていますので、注意してください。

WEBサイトからの予約による利点は、以下の2点。

  • WEB割引が適用される。
  • 夜間でも予約の申し込みをすることができる。
  • WEB割引は、1回の引越しにつき2,000円の割引となりますが、平日割引、早期申込割引、複数BOX割引以外の割引サービスとの併用はできません。

    また、いつとは明記されていませんが、利用できない期間もあるようなので注意が必要ですね。

    私もそうですが、日中仕事をしている方は、引越しの申込みに関しては、WEBからの申込みを利用することが多いでしょう。

    しかし、WEBからの問い合わせの場合、予約はできますが、その後に日程の調整になる可能性もあります。


    特に、繁忙期などは予約が重なったことによって調整が入ることも多いもの。

    また、単身パックの場合はその後の訪問見積もりがないので、荷物の量などで不安がある人もいるでしょう。

    単身パックのプランの選択など含め、引越しに関して聞きたい点がある場合は、WEBよりも電話で問い合わせをするのがおすすめです。

    クロネコヤマトの単身パック 電話での予約方法

    クロネコヤマトの単身パックのもう一つの予約方法は、電話です。


    フリーダイヤル0120-008008の電話番号に電話をかけ、オペレーターと話しながら予約をすることができます。

    電話で予約を行うことによる利点は、主に以下の2点。

  • その場で空いている日が分かるため、予約が確定できる。
  • 不明な点や聞きたいことを聞くことができ、相談しながら決められる。
  • いろいろと不明な点を解決しながら、その場で予約が確定できるというのが、電話での予約の大きなメリットです。

    クロネコヤマトの場合、フリーダイヤルの受付時間も、年中無休で8:00~21:00と長くなっています。

    そのため、この時間に電話ができる場合には、電話での予約方法がおすすめですね。

    以下の記事では、単身引っ越しも含めた引っ越しの料金相場についてまとめています。合わせてチェックしてみてください。

    引っ越しのサカイの料金・相場は?単身や人数別の目安を紹介!

    クロネコヤマトの単身パックのプランは?

    単身パックというのは、指定された容量のボックスに入る分だけの荷物を運んでもらうタイプの引越しサービス。

    基本的には、他の人の荷物と混載になるので、通常のトラックを貸しきるタイプのプランよりも料金が安くなるのが大きな特徴です。


    クロネコヤマトの単身向けサービスの中で、単身パックに分類されるのは、単身引越サービス、というプランです。

    他にも単身向けのプランはありますが、ボックスを利用するのは、このサービスです。

    単身パックの特徴や料金を紹介していきましょう。

    単身引越サービスは、利用するボックスの大きさによって、次の2種類に分かれています。

    プラン名 ボックスの内寸
    単身引越サービス 1.04m×1.04m×1.70m=1.83m3
    単身引越サービス(miniタイプ) 1.04m×1.04m×1.30m=1.40m3

    基本的には、それぞれこの大きさのボックスに入るように荷物を入れ、荷物を運んでもらう形です。

    単身引越しサービスのボックスでは、次のような荷物を入れることができます。

  • 全自動洗濯機
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • テレビ台
  • ダンボール10個
  • ふとん
  • スーツケース
  • 宅急便と同じく、一部の地域を除いて基本的に翌日の配達が可能で、時間帯も指定できます。


    時間帯の指定は、午前中、12~15時、15~18時、18~21時の4つから、選択することが可能です。

    クロネコヤマトの単身パックの料金は?

    単身パックの料金は、ボックスの大きさと引越しの距離によって異なります。

    まずは、その料金に適用される割引サービスの種類を紹介しましょう。

    割引の種類 割引額
    WEB割引 1件あたり2,000円OFF
    平日割引 1件あたり2,000円OFF
    早期申込割引 1件あたり1,000円OFF
    複数BOX割引 1BOXあたり1,000円OFF

    この4つの割引サービスは併用することができるので、引越しの日時や申し込みの仕方によってはかなりお得になります。

    これらの割引を活用すると、単身引越サービスは同一市区内の最安値で12,000円、miniは11,000円となります。

    ただし、引越しの繁忙期である3/20~4/2に引越しの作業がある場合には、平日割引と早期申込割引の適用がありません。

    さらに1ボックスにつき、2,000円がシーズン加算として追加されるので、注意しましょう。

    また、入りきらない大型の家具や家電だけを、らくらく家財宅急便で送るなど、他の引越し関連のサービスと組み合わせることもできます。

    ちなみに、単身パックでも、荷造りをクロネコヤマトにお願いすることは可能。

    その場合には、1ボックスあたり6,000円の追加料金が必要です。

    ちなみに引越しには、繁忙期以外にも安い時期があるって知ってますか?

    以下の記事では、あなたの引越しを格安にするヒントをお伝え中です。合わせてチェックしてみてください。

    引っ越しが安い時期は何月?月末月初や曜日、時間帯での違いは?

    クロネコヤマトの単身パック・単身パックミニの料金表

    上記でご紹介した点をもとに、単身パック、単身パックミニそれぞれの大まかな料金の目安を表にしました。

    割引の種類 割引額
    料金の目安 12,000円(税抜)〜 11,000円(税抜)〜
    専用BOXの容量 1.83㎥ 1.40㎥

    関東エリアで同一市区内、なおかつ「web割引」「早期割引」「平日割引」の3つを適用した場合の料金です。

    同エリアでの引越料金相場はおよそ20,000円程度とされているため、クロネコヤマトの単身パックはかなりお得なことがわかりますね。

    引越し荷物が多すぎなければ、ぜひクロネコヤマトの単身パックを検討してみることをおすすめします。

    クロネコヤマトの単身パック、当日配達は可能?

    クロネコヤマトの単身パックが配達可能なのは、どれだけ早くても翌日となります。

    引越業者によっては当日に配達してくれることもありますが、クロネコヤマトの単身パックはあくまでも「荷物の配達」をしてくれるだけのもの。

    通常のクロネコヤマトの荷物配達サービスの仕組みを振り返ってみるとわかる通り、送った荷物がその日に届くということは基本的にありません(一部地域限定の当日便はあり)。

    クロネコヤマトの単身パックの場合は1件につきトラック1台を借りきるわけではなく、荷物は一度営業所に運ばれてから地域ごとに区分けされ、1台のトラックに同様の荷物が複数積み込まれます。

    いわゆる「混載便」という形になり、イメージとしては通常の荷物配達システムと同じなのです。

    したがって、「当日中に引越しを終わらせたい!」という場合は残念ながらクロネコヤマトの単身パックは候補には入らないでしょう。

    ただ、クロネコヤマトの単身パックは、翌日以降に安く荷物を届けたいという場合におすすめのサービスです。

    そのシステムがゆえに非常に料金が安くなっているので、単身で引越しを考えているなら、日時にある程度余裕を持ってクロネコヤマトの単身パックを申し込んでおくと良いと思います。

    クロネコヤマトの単身パックで自転車やベッドは取り扱える?

    クロネコヤマトの単身パックでは、基本的に専用BOXに入るサイズのものであれば配達してもらえますが、気になるのが比較的大きい自転車やベッドなどの大きなものですよね。

    実際のところ、自転車もベッドも大抵の場合は専用BOXには収まりきらないため、クロネコヤマトの単身パックの利用は難しいと言えます。

    ただし、当然専用BOXに収まれば配達してもらうことは可能です。

    折りたたんだり分解することができるなら可能性は0ではないため、形状を事前に確認しておきましょう。

    専用BOXに収まらない自転車やベッドは「らくらく家財宅急便」がおすすめ

    家具や家電などが専用BOXに収まらない場合は、一つずつ輸送してくれる「らくらく家財宅急便」の利用がおすすめです。

    面倒そうに感じるかもしれませんが、申し込みをすれば梱包から搬出まで全てスタッフが行ってくれます。

    料金は荷物の3辺の合計(高さ+幅+奥行き)と届け先によってSSランク〜Gランクの9つのランクに分かれています。

    単身パック+大きな荷物が少数なら、らくらく家財宅急便を併用することで料金を安く抑えることもできますよ。

    クロネコヤマトの単身パックでダンボールはもらえるの?

    引越しをする時に必要になるのがダンボールなどの梱包資材。


    一人暮らしであっても、食器や小物、洋服などを詰めなければならないので、5~10個程度は必要となるのが一般的です。

    引越し業者ではダンボールが無料でもらえる場合が多いですが、これは利用するプランによって異なります。


    特に単身パックの場合、料金が安く抑えられている反面、ダンボールは無料で提供されないことが多いです。

    クロネコヤマトの単身パックも例外ではありません。

    クロネコヤマトでダンボールが無料提供されるのは、「引越しらくらくタイムリーサービス」と「建替引越しパック」の二つのプランのみ。

    単身引越しの場合は、対象ではありません。

    つまり、単身パックの利用者は何らかの方法でダンボールを準備する必要があります。

    お店などでもらってくる方法もありますが、引越し用のダンボールは、強度やサイズなどに注意しなければいけません。

    私も、ダンボールが足りなくなった時に、スーパーでもらったダンボールを使おうとしたことがあるのですが、なかなか良いサイズでそれなりの強さのものが見つかりませんでした。

    特に、単身パックの場合、ダンボールの大きさがバラバラだと隙間なく詰めることができなくなる可能性があります。


    そうなると、決められたボックスに荷物が入りきるかどうかにも関わってきますよね。

    また、引越し業者のダンボールというのは、雨などでも水がしみこみにくいように加工など、いろいろな工夫がされています。

    ダンボールの数が1~2個で、軽い物を入れる場合には、集めてきたダンボールでもOK.

    しかし、重い物やたくさんのダンボールを利用する場合は、業者のダンボールなど、サイズの揃ったものを使うのがおすすめです。

    クロネコヤマトの単身パックのダンボールの料金は?

    クロネコヤマトで、単身パックに利用できるダンボールを購入する場合、いくらかかるのでしょうか。

    クロネコヤマトでは、単身用の梱包資材セットが販売されています。

    セットの内容は次のとおり。

  • ふとん袋:1枚
  • ダンボールM(幅51×奥行34×高さ33cm):4枚
  • ダンボールS(幅34×奥行34×高さ33cm):6枚
  • グラスパック仕切り板:2枚
  • グラスパック中敷き:2枚
  • 食器パット:20枚
  • ビニール袋:5枚
  • クラフトテープ(25m巻):1本
  • エアーキャップ(60×500cm):1本
  • 荷づくりロープ(ビニールひも)(20m):1本
  • 油性ペン:1本
  • ワレモノシール:2セット(4枚)
  • 説明書(プロのアドバイス):1枚
  • ふとん袋や梱包用の資材など、引越しに必要なものが含まれていますので、これを購入しておけば、他に用意するものはほとんどありません。

    荷造りのコツを記載した説明書も入っていますので、引越しの荷造りに慣れていない人にとっては、特に便利なセット内容です。


    この単身用の資材セットの料金は、3,200円。

    もしかするとこの値段では、ちょっと割高に感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

    しかし、ダンボールは大量購入すれば安い業者もありますが、1個単位で購入すると、200~300円することも。

    単身資材パックは、必要な分だけがセットになっているので、無駄がなく利用しやすいと思います。

    ただし、時期によっては販売していないこともあるので、クロネコヤマトのWEBサイトなどで確認してみてくださいね。

    クロネコヤマトの単身パックでのダンボール回収は?

    ダンボールの無料提供と同様に、引越し後のダンボール回収の対応も、プランによって異なります。


    クロネコヤマトでは、ダンボールの無料回収も、「引越しらくらくタイムリーサービス」と「建替引越しパック」のみで提供されているサービス。

    そのため、単身パックでダンボール回収を依頼するには、有料で依頼しなければいけません。

    クロネコヤマトでは、単身引越し専用のダンボール回収サービスがあり、料金は1回3,000円です。

    しかし、私の経験上、単身引越しで5~10個程度のダンボールなどであれば、回収サービスを利用しなくても、それほど邪魔になることはありません。

    紙類の回収日がかなり先などという場合以外は、通常のゴミの収集日に捨てることで、十分間に合うでしょう。

    クロネコヤマト・単身パックの口コミまとめ!

    では実際、クロネコヤマトの単身パックを利用した人はどういった感想を持っているのでしょうか。

    まず、良い口コミから見ていきましょう。

  • 家具は毛布やガムテープで丁寧に梱包してもらえ、丁寧に運んでもらえた。
  • 電話での予約時に荷物がボックスにおさまるようアドバイスをしてくれた。
  • 予約時より荷物が増えたが、ボックスに入るサイズだったので対応してもらえた。
  • 入りきらなかった荷物を宅急便で送るなど、柔軟な対応をしてもらえた
  • 他社よりもかなり安く引越しできて満足している。
  • 単身パックの魅力といえば、ボックス単位に料金が決められていて、料金設定が明確だということ。

    ボックスに入りさえすれば、金額が変わることなく、安く引越しができるので、その点で荷物が少ない利用者から、特に高評価です。

    また、宅急便と兼業のクロネコヤマトならではなのが、ボックスに入りきらない分は宅急便で対応してもらえるという点もポイント。

    想定より荷物が増えてしまった場合でも、一緒に届けてもらうことができる点をメリットとして挙げる意見も多数見られました。

    一方、悪い口コミとしては次のようなものが挙げられます。

  • WEBから予約した後の連絡が遅く、こちらから確認しなければいけなかった。
  • 当日、作業員が来る時間が予定よりも遅れたが、事前に連絡がなかった。
  • 翌日の配送になるので、引越し先が近くの場合には利用しづらい。
  • 運んでいた荷物に傷をつけられてしまった。
  • 引越しのトラブルで多いのが時間に関するもの。

    前の引越しや集荷の予定などによって左右されるため、私も当初の予定より、作業開始が遅れたり早まったりといった経験があります。

    また、クロネコヤマトに限らず、単身パックでは翌日以降の配達になるのが一般的。


    そのため近距離での引越しでは、当日に受け取りたくても受け取れないというデメリットがあります。

    もちろんその分安い料金で引越しができるので、こういったデメリットを理解しつつ、自分の状況に応じてプランを選ぶことが大切ですね。

    そして、荷物に傷がつくというトラブルも、数件見られました。

    通常、引越しをする際には、家具や家電などは毛布などで包んでから移動します。

    しかし、単身パックの口コミを見ると、しっかり保護をしてくれたという口コミと、そのまま積み込まれたという口コミの両方が見つかりました。


    支社や作業員などによって、対応が異なる可能性があるため、家具や家電の保護については見積もり時に確認し、必要に応じて自分で保護をしておいた方が良いでしょう。

    以下の記事では、日通の単身パックの料金や評判についてまとめています。合わせてチェックしてみてください。

    日通の単身パック(L,S,X)の料金と評判は?東京大阪間の費用まとめ!

    まとめ

    クロネコヤマトの単身パックは、上手に利用すればかなりお得に引越しができるプランです。

    しかし、クロネコヤマトの単身パックを利用する場合、それ以外の引越しと異なり、訪問見積もりはありません。

    訪問見積もりをしないことで、安い料金を設定できているという面もあるので、単身パックを利用する以上は、その点を受け入れる必要があります。

    私としては、訪問見積もりの対応はなかなか面倒なので、この点はちょっとありがたいです。

    しかし、単身パックではボックスに入りきるかどうか、という点が重要なので、WEBサイトや電話で、家財の量を正しく申告することが重要です。

    また、きちんと申告していても、当日になって積み込めないということも起こり得ます。


    そういった場合に備えて、予約をする際に、入りきらなかった場合の対応方法や金額について確認しておくことも大切。

    心の準備をしておくと、当日の変更にも対応しやすいので安心ですね。

    クロネコヤマト以外の単身パック業者で、人気おすすめについて、ランキング形式で比較した以下の記事も合わせてチェックしてみて下さい。

    単身パックが安い業者は?人気おすすめランキング&料金相場比較!

    一括見積おすすめ1位 引越し達人

    引越し達人公式サイトイメージ
    画像引用;引越し達人公式サイト

     30秒で引越し料金がすぐに分かる。

     引越し見積もり料金が55%安くなるかも。

    【見積事例】
    ・大阪から大阪、家族引越しで、311,000円が62,000円に。
    249,000円OFF!

    ・東京から千葉、単身引越しで、192,000円が38,000円に。
    154,000円OFF!

    30秒で一括見積をGET

    一括見積おすすめ2位 スーモ引越し

    suumo(スーモ)公式サイトイメージ
    画像引用;suumo公式サイト

     営業電話がかかってこない!電話番号入力しなくてOK。

     営業電話がイヤな方にもってこいの一括見積もりサイトです。

    営業電話がない一括見積をGET