車関連の手続き

こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しの時には様々な手続きが必要ですが、車を所持している場合、車関係でも必要な手続きが多数あります。

車自体は、引越し先に持っていきさえすれば、乗ることができますよね。

そのため、手続きを忘れてしまう人もいるのですが、実は忘れると後々困ることもあるのです。

では、引越しをする際に必要な車関係の手続きには、どのようなものがあり、手続きの期限はどうなっているのでしょうか。

車関係で必要な引越し手続きと期限は?

運転免許の住所変更など

まず、車関係で必要となる手続きを見ていきましょう。

手続き内容 手続き期限 申請先
運転免許証の住所変更 特になし(引越し後すみやかに) 警察署・運転免許センター
車庫証明の申請 特になし(駐車場の契約後) 警察署
車検証の住所変更(変更登録) 引越し後15日以内 陸運局・軽自動車検査協会
自賠責保険の契約変更 引越し後すぐ 保険会社

実際に車を所持しているかどうかに関わらず、運転免許証を持っている場合には、住所変更が必要です。

運転免許証については、特に定められた期限はありませんが、身分証明書として使う場面も多いですよね。

ですから、私は必ず転入届の手続きを行ったらすぐに、運転免許証の住所変更を行うようにしています。

次に行う必要があるのが、車庫証明の申請。
  

こちらも車庫証明の申請自体に期限はありません。

ただし、この車庫証明はその後に行う車検証の住所変更(変更登録)を行う際に必要な書類です。

また、車庫証明は申請してから発行までには3日~1週間ほどかかる場合もあるので、注意が必要。

引越し前でも駐車場の契約が終わっていれば車庫証明を申請することはできるので、なるべく早めに手続きしましょう。

車庫証明の申請費用は各都道府県によって違いますが、普通車で2,500円前後、軽自動車で500円前後です。

次に、車検証の住所変更ですが、これは引越し後15日以内に行うように定められています。

引越し後はいろいろと忙しいですが、期限内に手続きを済ませるには、すみやかに行わなければいけません。

なお、車検証の住所変更は、ナンバープレートが変わらない地域(管轄の陸運局が同じ)かどうかで、かかる費用などが異なります。

住所変更のみであれば数百円程度ですが、管轄が変わりナンバープレートの付け替えが必要になる場合、ナンバープレートの購入代として2,000円程度が必要です。

ちなみに軽自動車の場合には、陸運局ではなく、軽自動車検査協会へ住所変更の申請を行います。

普通車と違い、ナンバープレートが変わらなければ、基本的には手数料は無料です。

引っ越し料金は交渉次第で大きく値下げすることが可能です。

以下の記事では、大きな値引き交渉も可能な、引っ越し業者についてまとめています。合わせてチェックしてみてくださいね。

引っ越しのサカイの料金・相場は?単身や人数別の目安を紹介!

引越し手続きを忘れた場合のデメリットは?

手続きを忘れたら

車関係の手続きにおいて、期限が定められているのは、車検証の住所変更のみですが、この期限を過ぎたからと言って、罰則などはありません。

しかし、車検証に記載されている住所というのは、自動車税の請求が届く住所。

そのため、住所変更を行っていないと、自動車税のお知らせが届かず、納付期限を過ぎてしまう可能性が出てきます。

とはいえ、自動車税の請求書送付の住所だけであれば、電話などで変更してもらうことも可能です。

私が4月中に引越しをした時には、変更手続きが自動車税の請求書の送付に間に合わない可能性があったため、請求先の住所だけを変更してもらいました。

車を所有している間はこの請求先の住所変更だけでも問題ありません。

しかし、車を売却する時などに、実際の住所と車検証の住所が異なっていると、すこし面倒が生じます。

2回以上住所変更をしていると、前の住所とのつながりを証明するために、戸籍の附票を取らなければいけません。

売却する時の手続きが増えてしまうので、引越しの都度、住所変更を行っておきましょう。

最後に、自賠責保険の住所変更も、なるべく早く行うのがおすすめです。

住所変更を行っていなくても、車体番号が合っていれば保険が下りないなどのトラブルはありませんが、保険関係の通知などが届かなくなる可能性もあります。

手続き方法は、保険会社によって異なるので、WEBサイトや担当者に確認するなどして準備をしてくださいね。

まとめ

引越しに伴う車の手続きというのは、緊急性がなく、特に不便になる事もないので、つい後回しにしてしまいがち。

でもそのままにしてしまうと、忘れたころに困る事態になる可能性があります。

引越しに関する一連の手続きの流れの中で、車の住所変更などの手続きも忘れずに行っておきましょう。

自分で行う時間がなかったり、手続きが面倒に感じる場合は、手続きの代行などを検討しても良いですね。