のしが必要?

こんにちは。引越しアドバイザーの優子です。

引越しの挨拶の時、普通は挨拶の品物を持参しますよね。

誰かに贈り物をする時、日本ではのしをかけることが多いですが、引越しの挨拶の品物にはのしは必要なのでしょうか。

私もまだ引越し回数が少なく、挨拶に慣れていない頃は悩んだことがありました。

そこで、引越しの挨拶の品にはのしをかけるべきなのか、そしてかけるのならどういうのしにするのかについて調べてみました。

引越しの挨拶品にはのしは必要?

のしはあった方がいい

引越しの挨拶の品物って、タオルや洗剤などの日用品や消耗品など、簡単な品物が多いですよね。

しかも、値段も500~1,000円くらいと、決して高いとは言えないもの。

そのため、通常人に何かを贈るときにはのしをかけるのが一般的なのですが、かけたほうが良いかどうか迷ってしまう人が迷ってしまう人も多いのかもしれません。

私もその一人で、過去の引越しの時に挨拶品を探しながら、いろいろと調べたことがありました。

そこで分かったのは、引越しの挨拶の品物には、基本的にはのしはかける、ということ。

現代では、あまりそういう認識はありませんが、引越しというのはそもそもお祝い事の一種です。

そのため、引越しの挨拶の品物にはのしをかけるのが一般的。

そして、のし紙には名前を書きますが、それを書いておくことで名前を覚えてもらいやすい、という利点があります。

最近では、挨拶のカードなどで済ませるケースもありますが、1枚ずつカードを書くのも大変ですよね。

また、特に年配の方はのしをかけていないと、少し軽い印象を受けてしまう可能性もあるので、のしはかけておくのがおすすめです。

では、どのようなのしをつけるべきなのかを見て行きましょう。

挨拶品につけるのしの種類や書き方は?

主な結び方

のしをかける場合、いろいろと注意しなければならない点があります。

まずはのしに印刷されている水引の種類。

通常、慶事の時は、赤と白の水引を使用しますが、用途によってその結び方が異なります。

主な結び方は「結び切り」「花結び(蝶結び)」の2種類。

結び切りは、一度結んだらほどくことができないことから、二度と繰り返さないもの(婚礼や全快祝いなど)に用いられます。

そして、花結びは簡単にほどくことができ、何度でも結びなおすことができるため、繰り返しても良いこと(出産、入学など)に用いられるものです。

引越しの場合には、繰り返しても良いお祝いのため、花結びの水引が印刷されたのしを使用します。

そして、のしをかける場合、表書きと言って、文字を入れますが、水引の上の部分には、引越しの挨拶では「粗品」または「御挨拶(ご挨拶)」を使うのが一般的です。

この二つは、次のように使い分けをします。

  • 粗品  引越し前での挨拶
  • ご挨拶 引越し先での挨拶
  • そして、水引より下の部分には、自分の姓を書きます。

    マンションなどの集合住宅の場合、可能であれば部屋番号を合わせて書いておくと親切ですね。

    過去に、私が引越しの挨拶を受けたとき、よく聞き取れなかったのですが聞き返すことができず、困ったことがありました。

    そんな場合でも、のしに部屋番号と名前が書いてあれば安心です。

    また、のしのかけ方としては、内のしと外のしの2種類があります。

    内のしとは、品物の包装紙の内側にのしをかけるもので、外のしは包装紙の上からのしをかける方法。

    これも状況によって使い分けをするものですが、引越しの挨拶の場合には外のしにするのが一般的。

    外のしにしておくと、渡した時にすぐ名前が確認できるという利点があります。

    まとめ

    今回は、引越しの挨拶品ののしについて紹介してきました。

    のしというのは決して高額な品物だけにかけるものではありません。

    引越しという慶事には、のしをかけた品物を持って挨拶に行くのが基本です。

    のしのかけ方などもしっかりチェックをして、挨拶品の準備を行いましょう。

    おすすめの関連動画