レオパレス21、名前を聞いたことがない人はいないのではないか?と思えるほど有名な不動産業者が抱える、全国展開している物件ですね。

一般的な賃貸よりも借りやすい、家具・家電付きの部屋を借りることができるなどさまざまな情報がありますが、実際に入居するとなればいろいろと気になるとも感じます。

家具・家電付きの部屋とついていない部屋の違い。

引っ越しの際にかかる費用、退去の際にかかる費用など。

そこで今回は、レオパレスへの引っ越しから退去、レオパレスからレオパレスへの引っ越しなどに関してご紹介していきたいと思います!

レオパレスだからこその注意点などもあるので、是非参考にしてみてくださいね。

レオパレスの引っ越し見積もり!入居と退去

まずは気になるレオパレスの引っ越しについて、入居から退去、そしてレオパレスからレオパレスへの引っ越しの場合を見ていきましょう。

それぞれに、どんな費用が掛かってくるのかをご紹介してきます。

初めての入居の場合

進学した際など、初めての1人暮らしでレオパレスに入居する際などですね。

実家からやほかの賃貸からレオパレスに入居する、または何かしらの事情があってすぐに入居したいなどの際には、引っ越しの見積もりはどの程度になるのでしょうか?

レオパレスには入居の際にいくつかのプランがあります。

一般的な賃貸契約の他に、マンスリープラン、短期プラン、学生プランとなり、それぞれ長さの違いはありますが短期契約をしたい方向けのプランとなるので、今回は一般的な契約に関してみていきます。

レオパレスでは初期費用を節約できるといううたい文句通り、敷金と仲介手数料は必要ありません。

最大3か月分の家賃を入金する必要がある敷金がいらない、というのは大きなメリットだといえるでしょう。

また、レオパレスの大きな特徴でもある「家具・家電付き」の部屋と、ついていない部屋の違い。

これは、同じ規模の部屋を比べると違いは「退去時の清掃料」が家具家電の分だけプラスされるかされないかになります。

家具・家電付きの部屋の方が賃料が高いということは無いので、好みで選ぶことができますよ。

私自身はレオパレスを借りたことはありませんが、物件を選んでいる際に中をのぞいたことはあります。

よく見るロフトや一人用の家電も、特に古いものであると感じたことは無いので、定期的に入れ替えているのかもしれませんね。

備え付けだから物が悪い、ということは無かったように感じます。

レオパレスからの退去の場合

入居の際に費用が抑えられることがわかったら、次は退去の時のことを見ていきましょう。

レオパレスでは入居の際に「敷金」が必要ないと紹介しましたが、そもそも敷金とはどのような物なのかをご存知でしょうか?

敷金とは物件から退去する際の「原状回復」のために預けておく費用です。

たばこのやにで壁紙が汚れてしまったり、調理中に火が大きくなって壁がこげてしまったなどの、暮らしの中で自然に起こる劣化以外を直すための修理費ですね。

したがって丁寧に生活をしていて、直すところがないなんてときには返ってくる費用でもあります。

私も以前敷金が丸々返ってきたことがありますが、何となく得をした気分になったものです。

レオパレスではこの敷金がないので入居の際には初期費用を抑えられますが、退去時には最初に払っておかなかった分「清掃料」という名目で費用が別個かかります。

ただ、部屋の広さによって一律で決められており、1ルーム・1kは27,540円から。

最初からどのくらいの費用が掛かるのか、といった点がわかっているので計算はしやすいといえますね。

また、入居時の項目でも紹介しましたが、家具・家電付きの部屋は基本清掃料に加え別途3,240円を支払う必要があります。

他にもレオパレスは2年契約など、契約の期間が決められているので契約期間満了の前に退去する際には、こちらも別途「違約金」の支払いが必要になる事を覚えておきましょう。

レオパレスからレオパレへの引っ越しの場合

レオパレスに住んでいたけれど仕事の関係でまた引っ越しをするから、引っ越し先もレオパレスにしよう。

こう考えた場合は、どのような費用が必要になるのでしょうか。

レオパレスからレオパレスでも、この引っ越しに関しては新しく普通の契約をし直すという形になるようです。

ただ、「住み替えサポート」という形で、今レオパレスに住んでいる方以外にも、レオパレスで契約を結んだことがある人は一定のサービスが受けられるみたいです。

礼金が不要になったり、最大7日分の重複した日割り家賃が無料になったりなど。

レオパレスに確認してみましたが、契約をしていた年数や条件によって適応されない場合もあるようなので、確実なことはレオパレスに都度確認したほうがいいでしょう。

ただ、こういったサポートサービスがあるということは把握しておくと便利ですね。

レオパレスへの引っ越しのメリット・デメリット

ここまではレオパレスの入居や退去について見てきました。

なのでここからは、実際に賃貸物件にレオパレスを選ぶメリットやデメリットを確認していきましょう。

初期費用を抑えられるメリットが

CMでも大々的に宣伝しているので、やはり一番大きなメリットは引っ越しの際の初期費用を抑えることができるという点でしょう。

入居の項目で紹介したように、敷金や仲介費用が必要ないという点は、最初に一人暮らしをする際にはとても便利ですよね。

また、家具や家電がついている部屋を選べば、より一層初期費用を抑えることも可能になります。

今使っているお布団や、日常生活に必要な衣類やこまごまとしたものだけを持って行けばいいので、一般的な引っ越しよりもぐっと安く一人暮らしを始めることができるでしょう。

住環境への不満がデメリット

反してレオパレスのデメリットとはどのような物になるのでしょうか?

一番よく見られた声では、壁が薄くて隣の声が聞こえるというもの。

また台所が狭いという意見もあったので、住環境にこだわろうと考えると少し難しいかもしれませんね。

ただ、上下での騒音に関してはほぼ触れられていなかったので、隣があいている状況なら十分に暮らしやすいのかもしれません。

レオパレスの引っ越し見積もりを取るには?

家具・家電付きの部屋に引っ越した場合など、引っ越しの荷物量はずいぶん抑えられそうですよね。

レオパレスに関する引っ越しでは、どのような見積もりをとればお得になるのかを見ていきましょう。

一括見積がおすすめ

レオパレスには実は、引っ越しに関しても提携している業者があるので、引っ越しに関してもサポートを受けることができます。

初めて引っ越しをするなんて方の場合、つい便利さからサポートを受けてればいいやと考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、引っ越しをお得に済ませようと考えているのなら、ちょっとした手間を惜しんではいけません。

サポートの引越サービスを使って見積もりを出してもらっても、その費用が適切な額なのかは素人にはわかりませんよね?

なので、お得に引っ越すことを考えるのなら一括見積などを利用して、自分のお財布事情にあった業者を探すのが一番です。

レオパレスのサービスとしてある引っ越しサポート自体も、見積もりだけならば無料です。

一括見積とレオパレスの見積もりを比べてみて、そこで初めて引っ越しの方法を選ぶというのがおすすめですよ。

また、家具・家電付きのレオパレスから同じように家具・家電付きに引っ越す場合は、自力での引っ越しをすることも可能になるのではないでしょうか。

まとめ

今回はレオパレスに関する引っ越しや見積もりなどについてご紹介してきました。

初期費用を抑えられるという大きなメリットがありますが、実際の入居や退去のことを考えると、知らないことも多かったのではないかと感じます。

賃貸とはいえ物件を借りることは、毎日の生活の基盤を決めることでもあります。

今の自分に一番合っている賃貸はどこなのか、しっかりと見極めるためにも参考にしていただければ嬉しいです。